• ホーム
  • 肝機能が悪い人はオルリスタットを控える

肝機能が悪い人はオルリスタットを控える

ハンバーガーを食べる男性

オルリスタットは、食事から摂取した脂肪が体内で吸収されることを阻害し、脂肪をそのまま体外へ排泄させる肥満治療薬です。
アメリカでは日本に厚生労働省にあたるFDAという機関で安全が承認され、日本国内でも肥満外来などの医療機関で処方されている安全性が確立された医薬品です。

通常、食事で摂取した脂肪は、肝臓から分泌された胆汁に含まれるリパーゼ酵素によって分解され、腸で吸収されます。
リパーゼ酵素は、脂肪を吸収しやすいように細かくするために消化液に含まれています。
しかし、オルリスタットを服用することで、リパーゼの作用を阻害することができるので、脂肪は分解されることなくそのまま腸を通って便とともに排泄されます。

オルリスタットは、食事で摂取した脂肪の約30%を体外へ排泄する作用があるため、食前に服用した場合は食事による摂取カロリーを制限することが可能です。
一般的なダイエットと違い、食事や食欲を抑える方法ではないため、我慢する必要もなく、効果的に減量することができます。

しかし、オルリスタットは、肝機能が低下していたり、障害がある人が服用するのは危険といわれています。
アメリカのFDAによると、オルリスタットを服用したことによって起こったとされる肝障害が報告されています。
人によって肌がかゆくなったり、目や皮膚の色が黄色くなったり、食欲不振などが起こるといった肝機能低下と思われる副作用が起こる可能性があります。
オルリスタットを服用することで何故、肝機能低下が起こるのかというメカニズムはまだ解明されていないために不明ですが、万が一、肝障害と思われる症状が出たら、服用をやめてすぐに医師に相談することが大切です。