• ホーム
  • 心臓病リスクをオルリスタットと雑炊ダイエットで回避

心臓病リスクをオルリスタットと雑炊ダイエットで回避

肥満は心臓病のリスクを高めます。
心臓病で多いのは、狭心症や心筋梗塞です。
狭心症は心臓を取り囲んでいる冠状動脈が硬くなったり、細くなってしまい、血液を送りにくくなることで疼痛などが起こります。
心筋梗塞はさらにその重症バージョンで、冠状動脈が完全に詰まってしまうことでその部分の心筋が壊疽してしまう危険性もある、命に関わる病気です。
心臓病が怖いのは、一瞬にして命を奪ってしまう原因になるという所です。
心臓は全身に血液を送る役割を担っているので、ここが機能不全になってしまえば全身に影響が出てきます。

心臓病のリスクを高めてしまう肥満に対しては、痩せるしかありません。
BMIが30を超えるような高度の肥満になってくると、早めにダイエットを実行する必要があります。
BMI25以下が標準ですから、なるべくその範囲におさめるように行動しましょう。

具体的に何から始めれば良いかというと、運動よりも食事制限です。
肥満の人は急に動くと膝を痛めてしまう危険性が高いので、まずは食事制限で体重を落としてから運動を始めた方が良いです。

高度の肥満に対しては、オルリスタットという治療薬が使われることもあります。
オルリスタットは食べた脂肪分のうち30%を未吸収で体外に排出してくれるので、カロリーの摂りすぎで太るのを防いでくれます。
オルリスタットのような治療薬を使いながら食事制限を併用していくと良いでしょう。

食事では、炭水化物を摂取する時には必ずタンパク質、ビタミン、ミネラル、も合わせて摂取するようにしましょう。
おすすめなのは雑炊で、野菜入りの雑炊や卵雑炊などにしてあげると、栄養のバランスがとりやすくなります。
雑炊はヘルシーな料理としてダイエットメニュー使うことが出来ます。