• ホーム
  • 健康的に痩せるには甘酒が有効!

健康的に痩せるには甘酒が有効!

お腹の脂肪を心配する女性

甘酒に使われている酒粕には、レジスタントプロテインという脂質排出作用があります。
また、食物繊維も含まれているので、便秘の改善にも役立ちます。

甘酒をダイエット目的で使うならば、1日酒粕50gを目安に毎日摂取するようにします。
酒粕は酒造の副産物で、米や米麹などの原料を発酵させてお酒を絞ったあとの残り物です。
残りですが、ここに栄養がたっぷり含まれており、新陳代謝を高めてくれるビタミンB群や腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富に入っています。

酒粕50gあたりで約110kcalで、これをお湯に溶かして甘酒にすれば体も温まります。
飲み物としてはそれほどカロリーは低くありませんが、ダイエット中に不足しがちな栄養素がたっぷり含まれているので、健康的に痩せやすくなります。
ただ体重を落とすだけならば絶食ダイエットでも減量は出来ますが、健康的に痩せるには栄養を摂取しながら脂肪が燃えやすい体を作っていくほうが良いです。

絶食ダイエットは結果的に筋肉を衰えさせてしまうだけで、体重が落ちても新陳代謝が下がって太りやすくなって、リバウンドしてしまう危険性も高いです。
ダイエットの目的がただ体重を落とすだけでなければ、絶食などの無理な方法は止めましょう。

高度肥満のような命に危険のある肥満の場合には、オルリスタットという肥満治療薬が使われることもあります。
オルリスタットは脂肪を直接燃やすような働きはありませんが、摂取した脂肪のうち30%を未吸収で排出してくれるので、カロリーカット効果が期待出来ます。
オルリスタットを服用すると便がゆるくなって、ガスと一緒に便が出て下着を汚してしまうことがあるので、ナプキンなどを敷いておいたほうが安全です。
次回以降はガスとの違いがわかってくるので、必要に応じてつけましょう。