• ホーム
  • オルリスタット服用中は必ずビタミン摂取が必要

オルリスタット服用中は必ずビタミン摂取が必要

たくさん食べる肥満女性

オルリスタットは、肥満を改善するのに有効な成分です。
オルリスタットにはリパーゼの働きを阻害する作用があります。
リパーゼは体内に存在する酵素の一つで、脂肪が体内に吸収できるように働きかけます。
オルリスタットは食事前に服用することで、食事中の脂肪分を大幅にカットすることができます。
ラーメンやグラタンといったカロリーの高いものを食べても、食事のうち30%の脂肪分を排出するので、脂肪が蓄積されにくいです。

しかしこのメカニズムには問題があり、必要な栄養素まで排出する恐れがあります。
それがビタミンです。
ビタミンは大きく分けて水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられます。
ダイエット中は食事が偏りがちになるので、元々ビタミンが不足する傾向にあります。

さらにオルリスタットの服用によって、必要最低限の脂質性ビタミンまで不足する事態に陥ります脂溶性ビタミンが欠乏すると、体に多くの影響を与えます。
まずビタミンAの不足は、夜盲症や皮膚の乾燥、免疫力の低下などです。
ビタミンDの不足は骨粗鬆症、ビタミンKの不足は血友病、ビタミンEにおいては溶血性貧血といった重大な症状を引き起こします。
一般的にこれらは食料が十分でない発展途上国に多く見られますが、最近ではオルリスタットの服用で先進国でも珍しいものではありません。

ビタミンの欠乏症を防ぐためには、まず食事による管理が大切です。
しかし多くが吸収されずに排出されるため、ビタミン剤を服用すれば安心です。
必要なのは脂溶性ビタミンだけですが、ほとんどのサプリメントでは水溶性ビタミンも含んだマルチビタミンとして販売しています。
水溶性ビタミンは過剰摂取しても、排出されるので問題ありません。