体の脂肪を気にする女性

オルリスタットとは、アメリカで治験が行われた肥満薬のことです。
オルリスタットはゼニカルという名前で販売されています。 世界的には徐々に使用され始めている薬ですが日本では製造が承認されていません。
そのため、日本でこの薬を飲みたい場合は個人輸入によって手に入れる事となります。
服用の場合はゼニカルの飲み方が分かるサイト等を参考にし、副作用には十分気を付けましょう。
食欲を抑制するタイプの薬ではなく腸に存在するリパーゼに作用することで、腸管の脂肪吸収を妨げる効果を発揮します。
それによって、オルリスタットでは脂肪を大便として肛門から排出することで不要な脂肪分を除去する効果があるとされています。
食欲制限がないので、健康な食事を続けながら次第に痩せることが出来るというまさに、ダイエットに苦しんでいた人を助けるような薬だと言えます。

そのようなオルリスタットは肥満治療には一見万能な薬と考えられていますが、副作用があります。
脂肪自体の吸収が低下するという事は、脂溶性ビタミンであるA、D、E、K、βカロテンなどの吸収を阻害するという事でもあります。
そのためビタミン不足になってしまい、様々な問題が起こりやすくなります。
そのため、服薬時には脂溶性ビタミン補助剤の服薬が重要となります。
特にカロテンとビタミンEが低くなりやすくなるので、これらの補助剤、および多く含む食物である緑黄色野菜や、青魚、ナッツ類を接種する事が必要となります。

さらに、脂肪を便として排泄するため、便の量が増えます。
それに伴って知らない間から肛門より脂肪がもれたり、コントロールできなくなるという報告もなされています。
つまり、放屁だとおもっていたが、実は脂肪が漏れ出ていたという可能性があるのです。
オルリスタットの服薬中は放屁であってもトイレで行うようにする事が大切と言えます。
せっかくダイエットのために気分よく飲んでいる薬なので、漏らしたりする体験によって服薬が困難にならないようにしましょう。